スーツの人達

まつげエクステサロンの開業にはプランニングが重要

申請手続きをチェック

男性

整骨院を開業するためには、いろいろと手続き関係が煩雑でネックになってきます。しかし、しっかりと必要事項を把握して早めに対策をとることで、スムーズに準備を進めることができるはずです。そこでまずは、整骨院の開業に必要な手続きや書類についてリサーチしていきましょう。まずは、施術所開設届が必要となってきます。保健所の承認を受けないと、整骨院の開業はできません。保健所に行って、施術所開設届を手に入れて、書類を記入していきます。しかし、これには諸々の注意が必要です。まず、保健所への施術所開設届は、整骨院の開業から10日以内に行うことが求められます。開業してから届出をしないといけないため、しっかりと認識しないと、オープン日には施術ができないことになってしまいます。これを避けるために、整骨院を開業する日にちの10日前から、プレオープンとしておくことがおすすめです。プレオープンを準備期間にカウントすれば、希望する開業日に届出をすることができるでしょう。ほかに、届出の際に必要な書類としては、柔道整復師免許の原本と写しや、開業する整骨院の平面図、最寄り駅から整骨院までの地図などです。また、法人のケースでは、登記簿謄本と、定款の写しなども必要になります。さらに、整骨院が賃貸物件のケースでは、賃貸契約書のコピーも求められるはずです。抜かりなく準備をして、進めていきましょう。ほかにも、地方厚生局へ提出する書類や、共生番号や、防衛省晩の取得に関する申請なども必要になります。また、労災保険の申請についても忘れずに行なうことが肝心です。